理想の美容医療を実現したい Dr.AKIKO

開院の経緯

あきこクリニック幼い頃、持病の治療で股関節の手術を受けたのですが、とても難しい手術で3回目にやっと成功しました。この経験から医療、特に手術に興味を持ち始めました。大学に入学した時、成功した手術を担当し、それからも主治医として見守ってくださった先生に後輩になったことをご報告したら、先生は目を潤ませながら喜んでくださったのがとても印象に残っています。

現在はもうそんなことはないと思いますが、専門を決める段階になって希望していた形成外科は女性を取らないと門前払いされ、いったんは産婦人科医になりました。ところが1日中駆け回ってお休みも取れない激務にドクターストップがかかり、そんな時に美容外科から声をかけていただきました。当時は怪しい噂もあった美容外科ですが、思い切って飛び込んでみると、結果がダイレクトに見える、性に合う世界でした。しっかり指導を受けて、新しい技術や知識を貪欲に学べる場所でもありました。そんな大手美容外科に10年以上在籍して、美容外科の女医としては、日本で最も症例数の多い医師の一人となる経験を積み、手術とスキンケア、美容診療全般に自信を持つジェネラリストとして育てていただきました。

こうした経験を生かして、美容のことならなんでも相談できる「美容のかかりつけ医」として、自分の責任で患者様の全てを診てさしあげたいと考えるようになっていきました。患者様がご納得するまで丁寧にカウンセリングを行い、処置をし、アフターケアを行うことで、より満足度の高い美容医療を提供するクリニックです。

開業するにあたって二子玉川を選んだのは、この街の持つ雰囲気やそこに集う方々が好きということが大きいですね。実際に開業してみて、私の理想とする美容医療を望まれて、ご信頼くださる方がとても多く、ありがたく思っています。

診療で心がけていること

なんでも話しやすい雰囲気を大事にしています。自分が通うのであればこんなクリニックが理想だと思う場所にしていきたいと思っています。信頼関係を築くことが一番大切ですので、「できること、できないこと」をはっきりお伝えし、ご説明してご納得いただくインフォームド・コンセントを重要視しています。

生まれて初めての美容外科という方もおられるので、カウンセリングには相当の時間をかけています。たとえば肌の治療でも『肝斑』と『老人性色素斑』では違いますし、その説明も入れると30分くらいかかることもあります。手術に関しては、どんな顔立ちがいいかといったイメージのすりあわせが必要です。これはお互いに意見が合えば10分くらいで済むこともありますし、たくさんの写真を見ながら「これがいい」「これはだめ」とやっていると、1時間ほどかかることもあります。とにかく患者様が納得するまでカウンセリングすることは、ご満足いただく結果のための基本だと考えています。

もちろん、当クリニックで受けるよりも、いい結果を望める施術や治療はあります。そうした際には、その治療や施術に関して自分が診療を受けたいと思う信頼できるドクターや医療機関を責任をもってご紹介し、連携治療を行っています。

今後の美容業界はどのように変化していくか

あきこクリニックお一人おひとりの患者様にじっくり向き合って高い技術力で治療や施術を行っている美容外科クリニックと、安さを競って患者様にかける時間や仕上がりにはこだわらないクリニックと2極化していますが、後者のクリニックは徐々に淘汰されていくと思っています。

質の高い美容医療を提供できるドクターは自分の技術を囲い込む空気が以前はあったのですが、今はやる気のある美容外科医が研究会や講習会を開いて、お互いの技術を伝え合いながら切磋琢磨しています。そうした会に積極的に参加して、自分の技術や知識をブラッシュアップしていると、美容の世界は本当に日進月歩だと実感します。

自分で試していいと思えるものは、どんどん取り入れていきたいと思っています。また、施術メニューを増やしていきたいので、休みの日なども積極的にセミナーなどに参加して勉強しています。

どこのクリニックにかかるか迷われている方へ

美容の世界では、どのドクターが施術を行うかによって仕上がりは全く違ってきます。別人のようになりたいのか、自分らしさを生かして自然にキレイになりたいのかでも、それぞれ得意なドクターがいます。そのため、ご自分と合うドクターを探すことが一番重要だと思います。今はHPやブログなどで症例を公開しているドクターがたくさんいます。そんな中から、ご自分に合うドクターを見つけて、問合せしてみることをおすすめします。センスや美意識以外に相性も大切ですから、問合せにどんな答えが戻ってくるかも大きな判断基準になります。

あきこクリニックでは9割の方がリピーターです。そして新規にご来院される患者様のほとんどは、私のブログで症例を見て来てくださっています。そうした方は、私のセンスや美意識がご自分と通じ合うと感じて来ていただいているので、カウンセリングもスムーズに進むことが多くなっています。

あきこクリニックでは自然な仕上がりを重視しています。また女性同士ですから、ちょっとしたくぼみや色の違いなど、細かい部分の伝わりにくいご要望にもきめ細かく対応することが可能です。特に注入系の治療では、どこになにを、どの角度や深さで、どのくらい入れるかで大きく結果に差が出ます。たとえばヒアルロン酸は、硬さなど細かな違いにより何百種類にも分かれています。また、同じ1ccの注入でも、ほうれい線だけに入れるより、頬とほうれい線に分けて入れるほうが目立たなくなる場合もあります。患者様がご希望になる仕上がりのために、どんなチョイスが最適なのかしっかり見極めておりますのでご安心ください。

オンとオフを完全に切り替えて、両方を楽しんでいます

田中亜希子 パーソナルデータ
家族構成 夫、長女、長男
趣味 ほとんど活字中毒レベルの読書、ミュージカル観劇
性格 「竹を割ったよう」とよく言われます
人生のモットー 人生にとって無駄なことは一つもない
得意なこと 暗算、きんぴらごぼうや肉じゃがなどの家庭料理、車の運転
得意な手術 アンチエイジング全般、二重手術、ワキガ、スレッドリフト
田中亜希子院長

休日の過ごし方

日曜日は学会やセミナーや研究会に出ることが多いので、家族と過ごす時間はとても貴重です。家族全員での食事や、旅行や映画、ミュージカルなどを楽しんでいますね。娘が高校1年生に、息子が中学2年生になったので、私が娘とショッピングに行き、夫と息子は釣りをして過ごすということも増えてきました。女同士、男同士の付き合いができるようになったのはうれしいですね。

ビジネスとプライベートの両立のポイント

通勤で完全にリセットするようにしています。車の運転が好きなこともあって、車を40分運転する通勤の間に、オンとオフを完全に切り替えていますね。ビジネスとプライベートのバランスがうまく取れていることもあって、オンはオフのストレス解消に、オフはオンのストレス解消になっています。朝は自宅で朝食とお弁当、そして夕食の準備もやってしまうという忙しい時間を過ごしていますし、仕事もおかげさまで多忙を極めていますが、40分という長さがリセットにはちょうどいいのかもしれませんね。

美容で心がけていること

「色の白いは七難隠す」と母から常々聞かされて育ったので、今も紫外線対策には気を付けています。朝、カーテンを開けるのも、紫外線対策してからと徹底していますね。あとは、顔を洗う時には水しか使いませんし、どれほど忙しくてもバスタイムには浴槽に漬かって、夜中の12時~2時までには必ず寝ているようにしています。

また、幅広く患者様におすすめしたいと思う施術は定期的に受けていますね。治療に役立てたいという想いもありますが、自分でも興味が尽きないので、美容に関してはあらゆることを試しています。常にその時なりの納得できるキレイを自分に施すことで、患者様のお気持ちにより寄り添えるのではと考えています。

外見や美容に関してお悩みのある方々へ

あきこクリニック1人でお悩みを抱えていても解決できないことがあったら、気軽にご相談いただけたらと思います。人に話すだけで問題が整理されて安心できることもあります。違う視点からの話を聞くことで、新しい世界が開けることもあります。

私は無理な治療や施術を絶対おすすめすることはしません。バランスが悪くなったり、遠目で見てかえって美しさから遠ざかってしまったりするような場合には、全力でお止めします。美容外科の治療や施術は、美しくなるために行うものです。将来、後悔するような治療や施術は無意味ですし、取り戻すのにもっと多くの労力を必要とする場合がほとんどです。

患者様がご判断されるポイントはさまざまだと思います。まずはご自分が信頼できると思える専門家を見つけて、ご相談してみてください。

美容外科・皮膚科のご相談は あきこクリニックまで

「あきこクリニック」では、目元整形・鼻整形・口元整形などの美容外科治療、シミ・たるみなどの若返りに関する美容皮膚科治療、糸リフトや医療脱毛、最新レーザー治療まで幅広くご提供しております。

カウンセリングでお悩みやご希望、ご不安についてじっくりうかがった上で診察・診断をし、丁寧にご説明し、最適な施術についてご提案していますので、お気軽にお問い合わせください。